So-net無料ブログ作成

すずめ踊りの扇子を作る (1) [非電子工作]このエントリーを含むはてなブックマーク#

SuzumeFan.png

すずめ踊りに必要な、扇子を工作用紙で作成します。

すずめ踊りと扇子の関係

当地の小学校では、ゴールデンウィーク明けに運動会が開催されます。 低学年は、すずめ踊りという地方色豊かな踊りを披露してくれるのですが、そのときに小道具として扇子が必要です。 扇子は、学校から支給された工作用紙を使って、各家庭で作成します。 紙で作られているので、毎年作成する必要があるのです。

工作用紙と一緒に設計図(のようなもの)も支給されるのですが、まあ、エンジニアの目から見ると、とてもこれでまともな工作物が出来るとは思えない代物です。 やはり、しっかりとコンパスを使った製図から始めなくては。 今年は、私が考案する作図、製作法を記録し、公開することにしました。

大きな円弧を描く

最初に扇子の外形をけがきます。 設計図に近い形状として、半径230mm、中心角133°の扇形とすることにしました。 「高級工作用紙」の最下部のマス目の右から230mmの所を中心として、半径230mmの円弧を描きます。 図では、A-Bであらわされています。

円弧を14等分する

設計図では、扇子は14分割されており、これらの境目の線に折り目を入れて蛇腹状にして、扇子らしさを表現します。 つまり、中心角9.5°の扇形にする必要があるのですが、これを分度器で測るわけにはいきません。 そこで、三角関数を駆使し、コンパスで14等分を行います。

例えば、図の"6"の点は、"A"から中心角9.5°に相当する距離にあります。 この距離は、三角関数を使って、

2 × 230 × sin (9.5° / 2) = 38.09 [mm]

と、計算できます。

つまり、この距離をコンパスにとって、円弧上を端から順にたどっていけば、14分割は簡単に出来ます。 ところが、この方法だと、最後の方では誤差が蓄積されるため、理想的な寸法からずれてしまう可能性があります。

そこで、誤差が少なくなる14分割方法を考えました。 最初は、中心角 (7 × 9.5°) に相当する長さ (252.22mm) をコンパスにとり、"1"と"B"の位置を確定します。 つぎに、中心角 (3 × 9.5°) に相当する長さ (113.23mm) をコンパスにとり、 "2"から"5"の4ヶ所の位置を確定します。 このとき、"2"は"A"から、"3"と"4"は"1"から、"5"は"B"から求めます。

最後に中心角 (9.5°) に相当する長さ (38.09mm) をコンパスにとり、"6"から"13"までの位置を確定させます。 この方法によれば、誤差の蓄積の最大値は、"1"-"B"-"5"-"12"などの4回分になります。

もち手部分の補強材

扇子の扇形の中心部分には、補強のためにさらに2枚の扇形工作用紙を張ります。 この扇形の半径は、100mm85mmです。 この部分には、折り目を入れないので、14分割を行う必要はありません。 また、全ての部材を張り合わせてから外周を切り出すので、厳密に中心角を133°にあわせる必要もありません。 十分に大きな扇形を作成するだけで、用が足ります。


次回は、材料の切り出しから。

2008-04-19 15:32 手持ち部分の半径を85mmに修正。
SuzumeFan.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  このエントリーを含むはてなブックマーク#

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。