So-net無料ブログ作成
検索選択

USBプロジェクト - HIDデバイス(4) [USB]このエントリーを含むはてなブックマーク#

1593486

MC908JB16のエンドポイント#2は、双方向で使えるらしい。

デバイス側ファームウェアを改造

前回のHID06では、IN-エンドポイント#1とOUT-エンドポイント#2を使っていました。 ところが、エンドポイント#2は、同時に双方向で使えるとの指摘を受けましたので、IN-エンドポイント#1の代わりにIN-エンドポイント#2を使うようにファームウェアを改造しました。

要するに、エンドポイント・デスクリプタと"TX1"と書いてレジスタを"TX2"に書き換えただけです。 これだけで、あっというまにエンドポイント#1を使わないファームウェアが出来上がりました。 プロジェクトは、これをHID07.zipという名前で保存すると解凍できるようになります。

次は、余ったエンドポイント#1を使って、複合HIDデバイスを考えてみよう。

付録 : USBプロジェクト索引

参考文献

USBハード&ソフト開発のすべて―USBコントローラの使い方からWindows/Linuxドライバの作成まで (TECHI―Bus Interface)

USBハード&ソフト開発のすべて―USBコントローラの使い方からWindows/Linuxドライバの作成まで (TECHI―Bus Interface)

  • 作者: インターフェース編集部
  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  このエントリーを含むはてなブックマーク#

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。