So-net無料ブログ作成
検索選択

eclipse Ganymede に Visual Editor をインストール [eclipse]このエントリーを含むはてなブックマーク#

Visual Editor って何だろう?

Visual Editorというのは、eclipseJava開発環境のために作られた、Graphical User Interface (GUI)作成お助けプログラム(プラグイン?)です。

Java (Swing)GUIバリバリのプログラムを組もうとすると、色々と面倒な手続きが必要になってくるので、こういったお助けプログラムの力を借りたくなります。 ところが、Visual Editorは、開発スピードが落ちているらしく、最新のGanymedeと呼ばれるeclipseには、対応していません。

それでも、なぜかGanymedeに対応するビルドが存在したりします。 これは、eclipse.orgの正式なプラグインではないけれど、どこかの有志が作成されたもののようです。 まずは、この非公式Visual Editorインストールしてみます。 WEBページなどはあまりにも流動的なので、スナップショット画像はとりませんでした。 あしからず。

情報は、なぜか eclipse.org にある

非公式Visual Editorのインストール方法は、http://wiki.eclipse.org/VE/Installingにあるeclipse.orgのWikiページに書いてありました。 このページは、非公式文書なので、頻繁に内容が書き換えられているようです。

このページの情報によると、まず、eclipseをインストールして、追加のプラグインをいくつかインストールして、どこかの非公式Visual Editorをインストールするという手順だそうです。

第一歩:Java Development Kit (JDK) のインストール

eclipse自体は、JDKではなく Java Runtime Environment (JRE) でも使用できるのですが、ドキュメントやソースコードを参照したい場合も多いので JDK をインストールします。

JDK は、Java.sun.comからダウンロードすることが出来ます。 トップページで"Java SE"を探して、JDKのダウンロードまでたどり着いてください。 ここで詳細に示しても良いのですが、頻繁に構造が変わってしまうので、あえて書きません。 私がダウンロードしたのは、JDK 6 Update 7でした。

オフライン・インストール版のファイルは、80Mバイトほどでした。 CodeWarriorに比べたらカワイイもんだ。 インストールが終わると製品登録を要求されます。 前は、こんな要求はなかったはずだけどな。

第二歩:eclipseのインストール

eclipseは、eclipse.orgからダウンロードできます。 今は、Eclipse IDE for Java Developersという小さいパッケージが用意されているのですね。 私がダウンロードしたファイル(eclipse-java-ganymede-win32.zip)のサイズは、85Mバイトでした。

ダウンロードしたzipファイルを展開するとeclipseというディレクトリが出てきます。 eclipseのインストールは、このディレクトリを適当なところに配置するだけです。 私は、C:\Programsディレクトリに入れました。

第三歩:必要なプラグインの調達

次は、eclipseに非公式Visual Editorに必要なプラグインをインストールします。 プラグインの一覧は、Wikiページにあります。

先ほど配置したeclipseディレクトリに入っているeclipse.exeファイルをダブルクリックしてeclipseを起動します。 起動直後、いろんなダイアログが開きます。 ダイアログに適当に返答したらメニューのHelp → Software Updates...を選択し、プラグインのインストールを始めます。

ダイアログのtype filter textフィールドにプラグインの名前を入れて必要なものをチェックします。 複数のプラグインを選択して一度にインストールすることもできるのですが、時間が長くかかるようです。 ひとつずつインストールしていった方が良いと思います。 プラグインを選んだらInstall...ボタンをクリックしてインストールします。 プラグインのインストール後は、そのたびにeclipseをリスタートします。

第四歩:非公式 Visual Editor のインストール

いよいよ、非公式Visual Editorをインストールします。 Wikiページにあるリンクからzipファイルをダウンロードします。 私がダウンロードしたファイル(ve_eclipse_34_200807092330_win.zip)は、7Mバイトほどでした。 zipファイルを展開すると、"ve_eclipse_34_200807092330_win"というディレクトリが出てきました。 これをeclipseをインストールしたディレクトリにあるdropinsというディレクトリにそのまま配置します。 これで、インストールは終了です。 このディレクトリは、eclipseが起動したときに勝手に参照されてプラットフォームに組み込まれます。

最後にeclipseをリスタートすると、Visual Editorが使用可能な環境の出来上がりです。


次回は、Visual Editorを使ってみます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  このエントリーを含むはてなブックマーク#

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。