So-net無料ブログ作成

サンプル請求の結果 [電子工作]このエントリーを含むはてなブックマーク#

2388740

ここのところ、新製品がぞくぞくと出ています。 調子に乗って、サンプル請求していたら、こんなにたまってしまいました。 そろそろ、工作をしなくては。

MC9S08JM16

2388741

従来のMC9S08JM60は、広大な60kByteのFLASHを搭載していましたが、それほどの容量が必要の無い用途もたくさんあります。 これは、16kByteのFLASHを搭載している比較的小型なアプリケーション向きのMCUです。

MC9RS08LA8 / MC9RS08LE4

2388744

MC9RS08LA8 と MC9RS08LE4 は、いずれもLCDパネルを直接駆動するLCDドライバを内蔵したMCUです。 能力的には、1/8デューティーまでのパネルに対応するのですが、ダイセン電子工業さんなどで市販されている汎用LCDパネルには、せいぜい1/3デューティーのものしか無いので、持て余してしまうかもしれません。

MC9RS08KA8

2388742 2388743

MC9RS08KA8 は、それほど最近の MCU では無いのですが、やっと DIP パッケージ品がサンプル提供されるようになりました。 20端子もあれば、色々なことができます。

MCF51AC256B / MC9S08AC128

2388745

これらのMCUは、Flexisシリーズの一つで、ほぼ同じ構成のMCUですが、コアとして、32bitのColdFireと8bitのS08を内蔵しているところに違いがあります。 特に MCF51AC256B は、 32kByte の RAM を内蔵しているので、これだけでその昔のパーコン並みのことができるかもしれません。

MC9S08DZ60

2388776

MC9S08DZ60は、S08シリーズでは珍しくEEPROMを搭載したMCUです。 FLASHではないEEPROMということで、何やら怪しいことが出来そうです。

MCUを使うのに必要なのは

これらの新しい MCU でプログラム・デバッグを行うには、対応するデバッガが必要です。 今までは、DEMO9S08QG8評価ボードをMULTILINKとして使うことも出来たのですが、最新の CodeWarrior for Microcontrollers V6.2 では、 MC9S08QGx 以外の MCU には対応しないように変更されているようです。 また、 RS08 ではプログラミングに12Vの電圧が必要になるので、ハードウェア的にも DEMO9S08QG8 では対応できません。 やはり、 USBMULTILINKBDME でも購入しますか。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  このエントリーを含むはてなブックマーク#

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。