So-net無料ブログ作成

scilabで遊ぼう (5) [プログラム三昧]このエントリーを含むはてなブックマーク#

WS000199.png

今回は、ディジタル・フィルタにも使われる離散時間フィルタをつくります。

scilabは、zの式でもフィルタを記述できる

連続時間フィルタは、ラプラス変換後のsの式を使って記述しました。 同様に離散時間フィルタも、z変換後のzの式を使って記述することが出来ます。 フィルタを作成する関数は、またしても"syslin"です。

-->z=poly(0,'z');
 
-->sys=syslin('d',(1+z^(-1)+z^(-2)+z^(-3)+z^(-4))/5)
 sys  =

                     2      3      4
    0.2 + 0.2z + 0.2z + 0.2z + 0.2z
    -------------------------------
                    4
                   z

ここで例題として作成したのは、5項の移動平均フィルタです。 連続時間フィルタの時と同様にボード線図を描かせることができます。

-->scf(1);clf;bode(sys,1e-2,1e2);
WARNING: calfrq: Frequencies beyond Nyquist frequency are ignored.

100Hzまでのグラフを描かせるつもりだったのですが、「ナイキスト周波数を超えた周波数は無視します。」とメッセージが表示され、グラフは、0.5Hzで打ち切られてしまいました。

WS000212.png

これを見ると、0.1Hz付近にカットオフ周波数のあるローパス・フィルタのような特性になっています。

scilabで、ステップ応答をみる

連続時間でのシミュレーションは、"csim"で行いましたが、離散時間でのシミュレーションは、"flts"を使います。

-->x=ones(1,101);

入力は、"1"ばかりで構成される101要素のベクトルです。

-->y=flts(x,sys);

この入力をフィルタ"sys"と共に"flts"に与えてシミュレーションを行います。

-->scf(1);clf;plot(t,x,t,y);
 
-->ax1=gca();ax1.grid=[33,33];
WS000213.png

このように、5秒後に100%に達するするどい立ち上がり特性が得られました。

scilabで、正弦波応答をみる

離散時間シミュレーションの場合も入力に正弦波を与えて応答をみることができます。

-->t=[0:1:100];
 
-->x=sin(0.05*2*%pi*t);
 
-->y=flts(x,sys);
 
-->scf(1);clf;plot(t,x,t,y);
 
-->ax1=gca();ax1.grid=[33,33];
WS000216.png

周波数が0.05Hzの時には、振幅は90%程度です。

-->x=sin(0.1*2*%pi*t);
 
-->y=flts(x,sys);
 
-->scf(1);clf;plot(t,x,t,y);
 
-->ax1=gca();ax1.grid=[33,33];
WS000215.png

一方、0.1Hzの時には、60%になっています。 これも広義のローパス・フィルタになっているようです。

離散時間フィルタにおける周波数の意味

ボード線図で周波数特性をみた時に判明したように、このフィルタはサンプリング周期が1秒であると想定されています。 もっと高い周波数に対応するディジタルフィルタは、どうやったらできるのでしょうか。 実は、離散時間フィルタだけを設計する時には、サンプリング時間の絶対値には意味がないのです。

ボード線図で表示されている「周波数」は、サンプリング周波数で「正規化」された相対周波数を示しているに過ぎません。 サンプリング周波数を千倍速くすると、周波数特性も単純に千倍高くなります。 しかしながら、別のアナログ・フィルタと組み合わせた時の周波数特性を考えたときには、周波数の絶対値を気にしなくてはなりませんので、どこかでサンプリング周波数の概念を入れなくてはなりません。 これは、次回以降の課題になります。

付録 : 「scilab で遊ぼう」索引


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  このエントリーを含むはてなブックマーク#

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。