So-net無料ブログ作成

MC9S08JS8 デモボードの回路図 [HCS08]このエントリーを含むはてなブックマーク#

2729707

遅ればせながら、回路図を描きました。

usbdemo-sch.png
  • おなじみ、6ピンのBDMコネクタが装備されています。 "RESET*" 端子のCRフィルタは省略しています。
  • "BLMS*"端子は、ジャンパピンでプルダウンできるようになっています。 この端子は、パワーオン・リセットの時に限りプルアップ付き入力になりモード設定に使われます。 また、通常は出力専用ポートとして使われます。 そのため、本来は抵抗を使ってプルダウンすべきなのですが、今のところ省略しています。
  • 発振子として、 12MHz のセラロックをつけました。 帰還抵抗には 1MΩ の抵抗を使っています。
  • "PTA0"端子にLEDを付けました。 ポート出力は、LOW出力の方が電流を流せるらしいので、極性を逆にすべきでした。
  • USBコネクタは、MINI-Bタイプを使用しています。 抵抗は、 1% 精度の 33Ω 抵抗を使用しています。 バス・パワーは、使用していません。

さて、どう料理しようかな?

参考文献

USBハード&ソフト開発のすべて―USBコントローラの使い方からWindows/Linuxドライバの作成まで (TECHI―Bus Interface)

USBハード&ソフト開発のすべて―USBコントローラの使い方からWindows/Linuxドライバの作成まで (TECHI―Bus Interface)

  • 作者: インターフェース編集部
  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  このエントリーを含むはてなブックマーク#

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。