So-net無料ブログ作成
検索選択

サイクルタイムを測定しよう (10) [FMx]このエントリーを含むはてなブックマーク#

FM0+ 評価ボード

今回は、 CypressFM0+ MCU S6E1A シリーズに焦点をあてて、サイクルタイムを測定してみます。 CPU は、 Cortex-M0+ だから、 PSoC 4 と大きな違いはないでしょう。

Fast GPIO を使ったループ

今回のプロジェクトでも、ループを回るごとに GPIO をトグルさせて外部からループの周期を測定します。 PSoC 4 の場合、 Control Register コンポーネントを配置して、データを書き込むだけで出力がトグルするハードウェアを組みました。 FM0+ の場合、ハードウェアを組む事はできませんので、すべてソフトウェアで GPIO を操作します。

FM0+ には、ハードウェアを作成する機能は有りませんが、ソフトウェアから高速に GPIO を操作する機能を持っています。 それが、 Fast GPIO (FGPIO) です。 FGPIO は、 CPU に近いバスに接続されているため、 GPIO の操作に1クロックしか要しません。 こういった、高速に GPIO 出力を操作する用途には最適です。

    Gpio1pin_InitOut(FGPIO1PIN_P61, Gpio1pin_InitVal(1));
    FM_GPIO->FPOER6_f.P1 = 1;  // Enable FGPIO

使用する端子は、評価ボードの LED が接続されている P61 です。 ディレイを入れると、 LED の明滅で動作を確認できます。 P61 を出力に設定するためには、上記のように Gpio1pin_InitOut() マクロを使用します。 このマクロは、 Peripheral Driver Library (PDL) と呼ばれる基本ライブラリで提供されています。

デフォルトの状態では、各端子は GPIO として機能します。 これを FPGIO で制御させるために FPOER6 レジスタの当該ビットを1に設定します。 これで、 P61 は、 FGPIO の出力端子として機能します。

      func9(&bFM_GPIO_FPDOR6_P1, 0u, 2u);

実際に FGPIO をトグルさせる部分は、前回同様 func9() 関数にまとめました。 P61 の出力値を変更するためのレジスタが、 bFM_GPIO_FPDOR6_P1 にあります。 今回は、書き込み動作一回でトグルさせるのではなく、 set/clear の二回の書き込みでトグルさせます。 そのため、 clear するための値と set するための値を引数に与えています。

typedef volatile uint8_t reg8_t;

void func9(reg8_t *reg, uint8_t val0, uint8_t val1) @ ".text.func9" {
    for (;;) {
        *reg = val0;
        *reg = val1;
    }
}

func9() 関数は、上記のようになっています。 "@" で示されている名前は、セクション名です。 リンカのスクリプトで、このセクションを 32 バイト境界から配置するように指定しています。 bFM_GPIO_FPDOR6_P1 レジスタのアドレスと書き込む値を引数で与えると、それぞれ CPU のレジスタに値が保持されて、アクセス時間が最短になります。

     83              for (;;) {
    116                  *reg = val0;
   \                     ??func9_0: (+1)
   \   00000002   0x7001             STRB     R1,[R0, #+0]
    117                  *reg = val1;
   \   00000004   0x7002             STRB     R2,[R0, #+0]
   \   00000006   0xE7FC             B        ??func9_0
    118              }

コンパイラで生成されたコードは、3命令になりました。

実行サイクル数

このプログラムのループ周期を測定したところ、4サイクルで実行されることがわかりました。 CPU クロックを40MHzで操作させているので、10MHzのパルスで LED が駆動されたことになります。 さらに実験したところ、 STRB 命令が1サイクル、 B 命令が2サイクルで実行されるということがわかりました。

参考サイト

FM0+ S6E1A Series 5V Robust ARM® Cortex®-M0+ MCU
今回実験に使用したのは、 FM0+ S6E1A というシリーズの MCU です。
FM0-V48-S6E1A1 ARM® Cortex®-M0+ FM0+ MCU Evaluation Board
実験には、評価ボードを使用しました。 書き込みツールとして CMSIS-DAP として機能する FM3 が搭載されています。
FM MCU Peripheral Driver Library (PDL)
FM0+ の各種ペリフェラルを操作するための基本ライブラリです。 今回は、 FGPIO の初期化で使用しましたが、高速にアクセスするためには、レジスタを直接操作した方が良さそうです。

参考文書

AN210985 - Getting Started with FM0+ Development
FM0+ でプログラム開発を行うための手順が書かれています。 この文書では、 Peripheral Driver Library (PDL) の使用を前提としています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  このエントリーを含むはてなブックマーク#

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。