So-net無料ブログ作成
検索選択

PSoC Creator で FM0+ の Lチカ (1) [FMx]このエントリーを含むはてなブックマーク#

FM0+ 評価ボード

PSoC Creator が、 Revision 4.0 から FM0+ MCU にも対応するようになりました。 評価ボードも入手できるので、さっそく「Lチカ」してみましょう。

使用するボードは、 FM0+ S6E1C-Series Starter Kit (FM0-64L-S6E1C3) です。

プロジェクトを作成する

ターゲット選択

プロジェクトの作成手順は、これまで PSoC のプロジェクトを作成した時と同じです。 まず、メニューから "File" → "New" → "Project..." を選んでダイアログを開きます。

ダイアログの最初の画面では、デバイスを選択します。 最近の PSoC Creator では、デバイスの型番を指定する代わりに、キットの型番を選択していましたが、 FM0+ のキットはリストに並んでいません。 そこで、 "Target Device" を選択しデバイスリストから "S6E1C32D0AGV20000" を選びます。


初期プロジェクト選択

次にプロジェクトの初期状態を選択します。 今回は、白紙の状態からプロジェクトを作成しますので、 "Empty Schematic" を選択します。


ディレクトリと名前の設定

最後に、プロジェクトを配置するディレクトリと Workspace 名および Project 名を選択します。 これで、プロジェクトが作成できました。

回路図に GPIO を配置する

GPIO コンポーネント

次は、回路図に GPIO コンポーネントを配置します。 "Project Explorer" から ".cysch" ファイルの回路図を開きます。 そして、 "Component Catalog" の "Ports and Pins" にある "GPIO" を Drag&Drop で回路図に配置します。


GPIOを配置

配置されたコンポーネントをダブルクリックして、設定ダイアログを開きます。


GPIOの設定ダイアログ

設定項目は、わずかです。 入出力の設定さえありません。 ここでは、コンポーネントの名前を "Pin_Red" に変更します。 これで、回路図の準備は終わりです。

端子を割り当てる

端子設定を呼び出す

回路図が出来たら、端子の割り当てを行います。 PSoC Creator 4.0 からは、 "Workspace Explorer" から直接端子設定画面を呼び出せるようになっています。 "Design Wide Resources" の下にある "Pins" を開きます。


端子の設定

端子の設定方法は、これまでと同じです。 この評価ボードでは、赤い LED が、 P3D 端子に接続されています。 "Pin_Red:GPIO" に "P3D" を設定します。

以上でハードウェアの設定を終わりです。 プログラムを記述する前に "Build" して、あらかじめ API を作成しておきます。

ソースコードの記述

ソースコード

次は、ソースコードの記述です。 PSoC 比べると、記述は多めです。

int main(void) {
    /* Place your initialization/startup code here (e.g. MyInst_Start()) */
    Pin_Red_GpioInitOut(1);  // GPIO を出力に設定する

    for (;;) {
        /* Place your application code here. */
        uint32_t i;
        for (i = 0; i < 1000000; i++) ;  // ちょっと待つ
        Pin_Red_GpioPut(!Pin_Red_GpioGet());  // GPIO 出力を反転する
    }
}

GPIO コンポーネントでは、入出力の方向さえ定めていませんでした。 そのため、 GPIO を出力として設定する必要があります。 "GpioInitOut" メソッドで設定を行います。 引数には、出力の初期設定値が入ります。

PSoC では、待ち時間を作るための CyDelay() などの関数がありましたが、 FM0+ の場合には見つかりませんでした。 そこで、目分量で1000000回のループを作成し、待ち時間を作っています。 デフォルトの状態では、内部 8MHz クロックをそのまま CPU で使用していますので、これで1秒近辺の待ち時間が出来るでしょう。

GPIO の読み出しと書き込みには、メソッド "GpioGet" と "GpioPut" を使用します。 ここでは、読み出した値を論理反転して書き込み、 LED を点滅させます。

ここで使用されているメッソド群は、間接的に Peripheral Driver Library (PDL) と呼ばれるライブラリを呼び出しています。 どんな事ができるのかを知るためには、 PDL も知る必要がありそうです。

ソースコードは、以上です。 "Build" して、 HEX ファイルを作成します。

MCUに書き込む

CMSIS-DAPの検出

PSoC の場合、 MiniProgKitProg などの PSoC 固有のインターフェイスが使用されていました。 評価ボードの場合、標準的なインターフェイスは CMSIS-DAP です。

メニューから "Debug" → "Select Debug Target..." を選ぶとデバッガのインターフェイスが表示されます。 評価ボードを接続すると、 "CMSIS-DAP" が認識されます。 問題なくデバッガとして認識されるようです。

プログラムは、メニューの "Debug" → "Program" で書き込まれます。 書き込みが終わると、そのままプログラムが実行されて、 LED が点滅します。 「Lチカ」できました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  このエントリーを含むはてなブックマーク#

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。