So-net無料ブログ作成

MC9S08QE8を使ってみる [HCS08]このエントリーを含むはてなブックマーク#

1632963

最近発表されたMC9S08QE8のサンプル提供が始まりましたので、さっそく入手しました。

MC9S08QE8の特徴

MC9S08QE8という品番から、MC9S08QE128のメモリ縮小版と思われるかもしれません。 ところが、MC9S08QE8のピン数は、LQFPでも32ピンと大幅に少なくなっています。 そのため、メモリだけが縮小されたのではなく、一部機能も縮小されています。

MC9S08QE8の売りは低消費電力なのだそうです。 まあ、これだけ機能が削られると低消費電力にはなるでしょう。 今回使ってみた16PDIPパッケージの場合、MC9S08QG8からほとんど変化がないような。

ピン配置は、MC9S08QG8と互換

逆に言うと、MC9S08QE8CPGとMC9S08QG8CPBEは、どちらも16PDIPパッケージで、パッケージ互換であると言えるかもしれません。 この二つのマイコンの差は、外からの見た目では、タイマチャネルが追加されたことぐらいでしょうか。

というわけで、DEMO9S08QG8評価ボードにMC9S08QECPGを挿して、使ってみることにしました。

DEMO9S08QG8評価ボード

1632960

この評価ボードには、光センサとLEDが搭載されています。 そこで、以前、この機能を使って作った 三値デジタル太陽計 の移植を試みました。 結果は、「そのまま動きました。」 とくに、この作品は、 Processor Expert を使ってプログラムが構成されているので、特に変更する箇所もありませんでした。 プロジェクトは、これをTaiyoKeiQE8.zipという名前で保存すると解凍できます。


MC9S08QG8とピン互換で使えることはわかりましたが、それだけでは、このチップを使う意味があるようには思えません。 何か、画期的な機能が隠れていないだろうか。


DEMO9S08QG8は5Vで使えるか (1) [HCS08]このエントリーを含むはてなブックマーク#

DEMO9S08QG8を5Vで使うのは怖い

MC9S08JM60というUSBインターフェースを持ったHCS08マイコンが出ています。 HCS08なので、他のHCS08と同じようにDEMO9S08QG8で接続することが出来るか、と思っていたのですが、USB対応ということで5Vの電源が供給されています。 従って、DEMO9S08QG8をつなぐには躊躇しておりました。

アプリケーション・ノート発見

そんな折も折、以下のようなアプリケーション・ノートが公開されました。

AN3589 - Optically-Isolated Multilink BDM Interface for the S08/S12 Microcontrollers

もともとは、デバッガとターゲットの電源を電気的に切り離す目的で作られたものですが、異なる電源レベル間でのインターフェースも出来るはずです。 さっそく、仕組みを解析しました。

フォト・カプラは、持ち合わせておりません

WS000121.png

手持ち部品には、フォト・カプラがありませんでした。 もともと、絶縁を目的とはしていないで、別の回路として組みなおしてみました。 回路図は、電源電圧以外、左右対称になっています。

フォト・カプラの代わりをしているのが、Q1/Q4トランジスタです。 Q3がONするとQ4もONし、Q1がターゲット側のバスを引き落とします。 バスのモデルとして、1000pFの容量をバスにつないだところ、シミュレーションでは見事に発振しました。 発振を止めるために入れたのが、C4です。

シミュレータさんにお願い

WS000122.png

シミュレーションにかけたところ、V(host)に細いグリッチが出ることがわかりました。 これは、ホスト・ターゲット双方がバスを引いている状態から、ホスト側がバスのプルダウンを解除した場合です。 プルダウンがはずれた拍子にV(host)が上昇し、それに気が付いたターゲット側の回路がQ2で引き落とすのですが、間に合わなかったようです。

グリッチを小さくするために、Q4の負荷R3/R7が非常に重くなっています。 苦心した結果、グリッチの幅を数マイクロ秒に抑えましたが、果たして、BDMは受け入れてくれるだろうか。


ハードウェア編に続く


MC9S08LC60 - 液晶パネルを駆動してみた [HCS08]このエントリーを含むはてなブックマーク#

1498209

USBに疲れたので、しばし休息。

液晶と言ってもモジュールではありません。 駆動装置の全く付いていない液晶パネルです。

参考までに、 マイコンは MC6809 では、ありません。

液晶ドライバ付きマイコン MC9S08LCxx

MC9S08LCxxは、液晶パネルを駆動する能力のあるマイコンです。 マイコンの表示装置というと、LCDモジュールと呼ばれる駆動装置つきの部品が使われたりします。 駆動装置が付いているので、結構消費電力を減らせません。 このマイコンは、液晶ドライバも内蔵しているため、余分な消費電力を抑えることができます。 何よりも、必要の無い時には表示そのものを止めることだって出来ます。

外付け部品が少ない

このサンプルアプリケーションの特徴は、外付け部品が少ないということです。 写真には、電源部の電解コンデンサぐらいしか写っていません。 良く見ると変換基板上にチップコンデンサが3つ搭載されているのがわかると思います。 ユニバーサル基板の裏面には、LCDの電源を作るためのチャージポンプ用チップコンデンサが4つ並んでいます。 外付け部品は、それだけです。

液晶を駆動するためのクロックは、マイコンの内蔵発振器が作ります。 LCDの1/3バイアス駆動電圧は、マイコンの内蔵チャージポンプが外付けコンデンサを使って作ります。 このように、マイコン内部で必要な電圧や信号を作り出しているので、外付け部品を減らすことが出来ます。

液晶パネルについて

このマイコンは、出力波形のデューティーを STATIC, 1/2, 1/3, 1/4 から選ぶことが出来ます。 このアプリケーションで使用したダイセン電子のLCDP61は、 1/3 デューティーで動作しています。

また、このマイコンは、フロント・プレーン(FP)を最大40まで駆動することが出来ます。 このパネルのフロント・プレーンは、20しかありませんので、余裕で駆動できます。

この工作の主目的

このアプリケーションには、アプリケーションを作る以外にも目的があります。 それは、 MC9S08LC60 が、 DEMO9S08QG8 の内蔵 MULTILINK でデバッグできるかを確認することです。 結果は、みごとにデバッグに使用可能であることが確認されました。


さあ、これで一歩前進だ。


MC9S08QA4の研究 [HCS08]このエントリーを含むはてなブックマーク#

新しいMCU、MC9S08QA4をサンプル入手したので、調べてみました。

DEMO9S08QG8評価ボードを使う

MC9S08QA4CPAEは、ピン配置がMC9S08QG4CPAEと同じです。 このため、写真のようにDEMO9S08QG8に搭載するとそのまま使うことが出来ます。

レジスタの確認

MC9S08QG8のレジスタマップと見比べながら、 デバッガでレジスタの有無を確認しました。

  • $0002-$0003 PTBD/PTBDD

    PORT-B関連レジスタがあります。

  • $0020-$0027 SCI関連レジスタ

    レジスタがあります。 データシートと見比べたところ、SCIのように見えます。 ただ、8ピンパッケージには、ポートが出せないので、事実上使えないでしょう。

  • $0028-$002D SPI関連レジスタ

    レジスタがあります。 データシートと見比べたところ、SPIのように見えます。 ただ、8ピンパッケージには、ポートが出せないので、事実上使えないでしょう。

  • $0030-$0034 IIC関連レジスタ

    レジスタがあります。 データシートと見比べたところ、IICのように見えます。 8ピンパッケージでも、ポートを出すことができるので、 使えるのかもしれません。

  • $1804

    QGxのデータシートにも記述のない領域ですが、何かあります。 リセット後の値は、$12で、 $00を書き込んだら、$10が返ってきて、 $FFを書き込んだら、$17が返ってきました。

  • $1806-$1807 SDID

    デバイスの識別子が入っています。 $6009が返ってきました。 下12ビットの$009は、QGxと同じ値です。

  • $1844-$1846 PTBPE/PTBSE/PTBDS

    PORT-B関連のレジスタが見えています。 ということは、16ピンのQA4というのもあるのか?

以上のように、MC9S08QG4と同じ内容であるように見えました。 違いは、DBGモジュールの有無だけではないかと思います。

以上の結果から、MC9S08QG4の16ピンパッケージ用ダイを 8ピンパッケージに入れたものがMC9S08QA4なのではないかと思ってしまいます。 何か、QA4特有の存在価値があるかも知れないのですが、 ただ、本当の所は、不明です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。